高知高教組日誌

高知県高等学校教職員組合の活動や教育に関わる情報を発信していきます。

11/11 未来をひらく教育のつどい

 11月11日、2017年度「未来をひらく教育のつどい」障害児教育学習会・後援会・課題別分科会が開催され、約40名の参加者がありました。
 午前中は高知市保健福祉センターにて障害児教育学習会が開催され、金沢大学の河合隆平さんを講師に「障害のある子どもを主体とした教育の創造を」と題した講演会が開催されました。
 午後からはちより街テラスにて、前半は鈴木大裕さん(教育研究者/NPO法人SOMA副代表理事)による講演「新学習指導要領と教育の市場化」が行われました。
 20171111教研鈴木さん
講師の鈴木大裕さん

 講師の鈴木さんがアメリカ留学や公立中学校での教職経験を経て、教育研究の道に進まれるまでの歩み、研究者としての現在の問題意識等を皮切りに、アメリカの教育改革の現状と結果、「ゼロトレランス」が教員の専門性を奪うことになってしまうこと等、多岐にわたる話題から、教育の市場化がもたらす影響について分かりやすくお話下さいました。また、都会から土佐町に移住しての暮らしぶりもユーモアを交えお話しされ、非常に楽しく、また充実した学習会となりました。
20171111教研講演
 後半は高校教育・障害児教育の分科会に分かれ、短い時間ではありましたが熱心な討議やレポート発表が行われました。
 
  1. 2017/11/14(火) 10:34:20|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad