高知高教組日誌

高知県高等学校教職員組合の活動や教育に関わる情報を発信していきます。

第1回高知県総合教育会議

 9月23日、今年度最初の高知県総合教育会議が行われました。
 事務局から「平成28年度施策の進捗状況等について」の報告の中で、学校支援地域本部の設置や運動部活動支援員の活用が進んでいないこと、学力定着把握検査結果(3年生4月の調査結果)において、Dゾーンが70%という厳しい状況にあることなどが報告されました。学力定着把握検査の状況に対して、委員からは、Dゾーンを減らすことも大事だが、BASを増やす取り組みも必要ではないかとの意見が出されました。
 年度    H26   H27     H28
 D3    30.0%→30.4%→29.1%
 D1+2 39.2%→40.5%→39.2%
 C     25.1%→25.3%→28.1% 
 B     5.4%→ 3.5% → 3.4%
 A     0.4%→ 0.3% → 0.2%

 今回の会議では、学校等からのヒヤリングとして、「教員同士が学びあう仕組みの構築・放課後における学習支援」(高知市城東中学校)、「学校と地域の連携・協働」(日高村教育委員)についての報告がありました。 
 
  1. 2016/09/26(月) 10:33:53|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad