高知高教組日誌

高知県高等学校教職員組合の活動や教育に関わる情報を発信していきます。

人権共闘 講演会と総会を開催

 7月16日、高教組も加入する人権と民主主義・教育と自治を守る高知県共闘会議(人権共闘)の講演会と総会がおこなわれました。
 講演会では、滋賀大学名誉教授の梅田修さんが「人権教育・啓発の動向と問題点」と題して講演。先の国会に議員立法として提出され、継続審議となった「部落差別の解消の推進に関する法律案」の問題点として、①「部落差別」とは何か定義されていない。②法律が必要とされている事実(立法事実)があるのか。 ③恒久法であること。などを指摘しました。
 総会では、1年間の取り組みの総括、今年度の方針、会計、役員が決定されました。事務局長には、新たに坂本忠雄県教組書記長が選任されました。
20160716 (9)

 
  1. 2016/07/20(水) 08:45:30|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad