高知高教組日誌

高知県高等学校教職員組合の活動や教育に関わる情報を発信していきます。

7月24日 教育講座分科会の案内(2)

 7月24日、高知大学朝倉キャンパスで開催される第41回教育講座の分科会を紹介します。
6 美術教育
講師
  山口 博久さん (土佐清水市岬小学校)
内容
  ①紙版画,一版多色刷りの作品から題材の選択や他教科との関連などについて考える。
 ②スチレン版画、消しゴム版画の実技を通し、染色への応用など教材化を考える。

7 音楽教育
講師
 佐竹 佳子さん (高知音楽教育の会長)
内容
  講師の佐竹さんは昨年3月退職されました。中学生との音楽を一貫して実践研究されました。実践の話やこどもと一緒に歌う授業の様子を聴きながら参加者みんなでも歌います。音楽教育の質と方向性を示す会になる予定です。

8 学校事務
講師
 中島 香織さん(弁護士法テラス高知法律事務所)
内容
  ①なにごとでもまずはやってみることを心がけていると語る弁護士の中島香織さん。家庭や社会に安心できる居場所がない子どもたちの居場所「みんなのひろっぱ」づくりの活動などについてお話していただきます。
 ②保護者負担軽減、施設改善や事務だより、おすすめ物品や失敗したことも。ちょっとした工夫や悩みを交流しませんか?明日からの「子どものための学校事務」のネタが見つかるかも。報告を頂ける方は30部ご用意下さい。

9 食と教育
講師
 高知食教育研究サークル
内容
  ①魚を苦手とする児童生徒が多いです。魚食は日本の食文化でもあるのですが。秋刀魚を題材にした楽しい取り組みをお伝えします。秋刀魚の模型にはみんながワクワクします。その他に、おいしいレシピや食教育教材も紹介します。
②食事内容を改善することで生きづらさをやわらげることができると、各方面から報告されています。今回取り上げる特集記事を読み、食でできる支援をみんなで考えあいたいと思います。

10 育ち合う教育実践
講師
  河瀬 哲也さん(育ち合う教育学研究室)
内容
 ①生活認識を育て仲間をつなげる実践力をつける。子どもの表現の中には、子どものよさ、切なさ、喜びなど様々な思いがつまっています。それを教室で読み合い、語り合う中で、子どもたちが育っていきます。それを具体的に学び合いましょう。
  ②人間認識を育てる文学の授業。具体的な教材で、文学と文学として学ぶ、おもしろさや値打ちについて学び合いましょう。

11  健康教育
講師
  山本 万喜雄さん( 聖カタリナ大学人間健康祉学部教授)
内容
  要求される学力、メディアの影響、地縁的なつながりがなく自然体験の機会から離れている子どもたち。親世代の貧困問題で不安がいっぱい。今の社会情勢から、これからの教育について教師として親としてともに考えていきましょう。
  1. 2016/06/03(金) 11:23:23|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad