高知高教組日誌

高知県高等学校教職員組合の活動や教育に関わる情報を発信していきます。

「開かれた最低賃金審議会」を求め 労働局要請

 3月26日、県労連は、高知労働局前で集会を行い、労働局に「最低賃金の大幅引き上げ」と「開かれた最低賃金審議会」の実現を求める要請を行いました。
 高知地方最低賃金審議会は、労働者委員と使用者委員と公益委員の15名で構成され、委員の改選が4月に行われます。県労連は、これまでも労働者委員の推薦を行ってきましたが、任命された労働者委員は、連合高知加盟組織で独占。
また、最低賃金審議会の専門部会の大部分が、「原則公開」にも関わらず非公開で行われきました。このようなことに対して、委員を公正に任命すること、専門部会を原則に基づきすべて公開することなどを要請しました。
20150326 (22)
 
  1. 2015/03/27(金) 09:23:40|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad