高知高教組日誌

高知県高等学校教職員組合の活動や教育に関わる情報を発信していきます。

続  県教委2015年度当初予算見積もり

2015年度当初予算見積もりでの県立学校関係での特徴点の続きです。

英語教育推進プロジェクト事業に5,919万8千円
 教員の英語力向上(平成30年までに 英検準1級取得率75%)
 英語教育推進リーダー研修の新設

教育相談体制の充実
 スクールカウンセラー・心の教育アドバイザー等の配置拡充に1億8、491万1千円
  特別支援学校13校から14校に

学校等における南海トラフ地震対策
県立学校等の教職員や生徒を対象とした避難所運営訓練(HUG)等の実施(8回実施予定)に210万2千円

生徒の意欲を高める応援プラン事業
  社会性の育成に236万7千円
  新たに、研究指定校(6校)と中途退学防止重点校(10校)の1年生を対象として、生徒支援ノートを作成し、教員と生徒が常時関わりをもつことができる取組みを推進。
  中退防止対策に1,105万1千円
  新たに、全校でQ-Uテストの実施

県立学校新校務支援システム整備事業に8,063万円
  各校の教育課程や学科などの相違にも対応しながら、全校統一のシステム運用を実現する。
  2015年度は新システム構築、操作説明、研修会の実施、16年度には12校15課程で先行運用開始。17年度から本運用。
  実施内容
  強固な災害対策
   ●災害に強固な県外データセンタでの集中運用管理
   ●事業継続性の確保
  生徒と向き合う時間の創出
   ●授業以外の、成績処理、出席簿管理、各調査書の作成、指導要録の作成、他、事務的業務をシステムで一括処理。
   ●生徒情報の一元管理によるきめ細やかな生徒指導。
  教育の質の向上
   ●実績あるパッケージシステム導入
   ●末端のスペックに依存しなし操作環境
   ●異動先でも同じシステムが利用でき、作業効率が向上
   ●独自システムの管理負担からの解放
   ●教職員間・学校間での情報共有 
20140809 (206)
ラトビア/リガ(撮影2014.8 よね まんたろう)
    

         
  1. 2014/12/17(水) 11:20:25|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad