高知高教組日誌

高知県高等学校教職員組合の活動や教育に関わる情報を発信していきます。

特殊業務手当と給与の調整額について教育長交渉を実施

 8月27日、部活動指導手当などの教員特殊業務手当の引き上げと特別支援学校の教職員の給料の調整数の引き下げについて、県教組とともに教育長交渉を行いました。
 特別支援学校や障害児学級の代表は、障害児教育の実態を語り、教職員のモチベーションを維持していくために調整数の削減を行わないことを強く要求しました。高校現場からも、部活動指導手当などの教員特殊業務手当の引き上げは、大いに歓迎するものだが、特別支援学校に働く教職員の給料を削減してその財源に充てるような手法は、到底、承伏できるものではないとの発言もありました。
 教育長からは以下の内容の答弁がありました。特別支援学校で働いている教職員のみなさんが、それぞれの学校で頑張っていることに感謝している。誠に申し訳がないが、財政的に国に依存する割合が高い高知県において、国の示した基準に従うしかない。調整数を下げないで県費負担にすることは、財政的に厳しい本県において県民への説明がつかない。大変心苦しいが理解してもらいたい。
県教委提示内容はここをクリック
要求書は
ここをクリック
20140827 (8)
  1. 2014/08/28(木) 11:46:37|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad