高知高教組日誌

高知県高等学校教職員組合の活動や教育に関わる情報を発信していきます。

「放射能を浴びたX年後」の続編、放映決定

このたび、映画「放射線を浴びたX年後」公開後も、監督の伊藤さんが引き続き取り組まれてきた継続調査取材の全国放送が決定しました。
【NNNドキュメント’14】
「放射線を浴びたX年後 日本に降り注いだ雨は今…[仮]」
ナレーター : 鈴木省吾
制作:南海放送
日時:8月10日(日)24:50~ 日本テレビ(日曜日の深夜です)
再放送:8月17日(日)11:00~  BS日テレ
     8月17日(日)18:30~  CS「日テレNEWS24」

アメリカが太平洋で核実験を行った1954年。
マグロ漁船「第五福竜丸」の被曝が世界に報じられた。
だが、被害はそれだけではない。
南海放送は一昨年、「放射線を浴びたX年後」を放送。
被曝した魚を水揚げした日本の船が延べ1千隻だったこと。
さらに、放射性物質が日本列島を汚染していたことを伝えた。
全国に降り注いだ放射性物質。特に爆心地に近い沖縄では、
当時17万カウントという高い放射線を測定。
約30年間にわたり国内の被曝の実態を調査してきた
高知県の元高校教諭が今年、その沖縄に入った。
周辺海域が汚染されていたにも関わらず被曝した魚が
沖縄で一度も水揚げされていないことに、元教諭は疑問を抱く。
調査を進めると、沖縄が持つ特殊な実情が見えてきた。
「NNNドキュメント’14」ホームページ作品紹介よりhttp://www.ntv.co.jp/document/
2011231 5
ネパール(撮影2001.12.31 よね まんたろう)
  1. 2014/07/30(水) 08:48:30|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad