高知高教組日誌

高知県高等学校教職員組合の活動や教育に関わる情報を発信していきます。

11/20「教職員の長時間過密労働の抜本的な解決を求める全教の提言」を発表

 高知高教組も加盟する全日本教職員組合(全教)は、11月20日、「教職員の長時間過密労働の抜本的な解決を求める全教の提言」をまとめ、記者発表をしました。教職員の長時間過密労働の抜本的な解決の方向及び、文科省に対する基本要求を示し、国民的な議論を呼びかけるものです。長時間過密労働の実態、問題の背景・原因とともに、教職員の声を広く社会にアピールしていきます。

 詳細は全日本教職員組合のウェブサイトをご覧下さい。
 全日本教職員組合ウェブサイトへ
 

*     *     *     *     *

 文科省が2016年10月、11月に実施した教員勤務実態調査の結果は、10年前の2006年調査よりもいっそう時間外勤務が増大し、教職員の働き方がますます深刻な事態となっていることを明らかにしました。
 
 労働基準法は、第32条で労働時間について、「使用者は、労働者に、休憩時間を除き、一週間について40時間を超えて、労働させてはならない」としています。教員の時間外勤務は「原則として命じられない」としている「給特法」も、当然のことながら労働基準法の労働時間の原則に則っています。8時間働けばまともに暮らせることが原則です。現在の状況は、ここから大きく逸脱した違法な状態であると言えます。
 
 この問題は、教職員の健康問題のみならず、子どもと向き合う時間の確保とあわせて、「教育の質」を確保し向上させる課題としてとらえる必要があります。日本政府も採択しているILO/UNESCO「教員の地位に関する勧告」でも「教員の労働条件は、効果的な学習を最もよく促進し、教員がその職業的任務に専念できるものでなければならない」(8項)と指摘されているところです。

 深刻さを増す長時間過密労働の背景には、安倍「教育再生」のもとですすむ、学力テスト体制による過度な競争主義や、教職員評価や教員免許更新制など管理と統制を強化する教育政策があります。教職員のいのちと健康を守り、長時間過密労働の解消をすすめるためには、教育条件整備も含めて、抜本的に教育政策を転換することが求められています。

 全教は、教職員の長時間過密労働の解消を求めて、全教提言を発表し国民的な議論を呼びかけるとともに、解消に向けた要求運動を強めていきます。

【全教提言の概要】
はじめに

1.教職員の「働き方」「働かされ方」の実態
(1)文科省「実態調査」が明らかにしたもの
(2)教職員の長時間過密労働の実態とその影響

2.わたしたちのとりくみの到達点と文科省がすすめる「働き方改革」の問題点

3.深刻さを増す長時間過密労働の原因

4.教職員の長時間過密労働の解決の方向
(1)教職員の定数改善を抜本的におこなうことを柱に据えた政策を真正面から打ち出すこと
(2)文科省は、教職員の長時間過密労働の実態を労働基準法や労働安全衛生法、給特法に沿って解決すること  
*給特法の改正(全教討議資料「給特法改正をめざす運動をすすめよう-教職員の恒常的な長時間過密労働を是正させるた
  めに」(2011年5月)

(3)過度な競争主義、管理と統制の教育政策を抜本的に転換すること

5.教職員の長時間過密労働の抜本的な解消に向けた全教の基本要求

(1)教職員定数を抜本的に改善すること
①少人数学級を小学校から高校まで実現すること
②教員一人の持ち授業時間数に上限を設定すること

(2)授業準備にかかる時間を勤務時間内に確保すること

(3)競争主義的な教育政策を抜本的に転換すること

(4)教員の専門性を尊重しない教育行政の姿勢を改めること

(5)成績主義の持ち込みや拡大をやめ、教職員にチームワークをいっそう高めるにふさわしい施策の検討、対応をすること

(6)給特法を改正すること

(7)労基法、労安法にもとづく教職員のいのちと健康を守るための責任ある環境整備をおこなうこと

(8)部活動問題について、勝利至上主義を改めるための有効な施策を打ち出すなど抜本的な見直しをおこなうこと

(9)教職員組合と誠実な協議・意見交換をおこなうこと
  1. 2017/11/21(火) 11:04:22|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

県立高等学校再編振興計画の「後期実施計画(H31~35年度)」 策定に関する教育委員会協議会の地域会

 高知県教委より、県立高等学校再編振興計画の「後期実施計画(H31~35年度)」策定に関する教育委員会協議会の地域会の開催について、詳細な日時や会場等が発表されました。
 今後の県立学校のあり方が決定されるための、きわめて重要な会となりますので、学校現場からも積極的な参加・意見表明をお願いします。

 詳細は下記の高知県教委・高等学校課のウェブサイトをご覧下さい。
 高知県教委 高等学校課のウェブサイトへ

【地域会の日程・場所・協議の対象となる高校等】
・11月21日(火)安芸市民会館
室戸高校、中芸高校、安芸中学・高校、安芸桜ケ丘高校

・11月30日(木)南国市保健福祉センター
城山高校、山田高校、高知農業高校、高知東工業高校、岡豊高校

・12月4日(月)高知共済会館「桜」
嶺北高校、高知東高校、高知工業高校、高知追手前高校、高知丸の内高校、高知小津高校、高知北高校、高知国際中学・高校(高知南高校、高知西高校)、春野高校、伊野商業高校、高岡高校、高知海洋高校、高知追手前高校吾北分校

・1月15日(月)四万十町農村環境改善センター
佐川高校、檮原高校、須崎総合高校(須崎工業高校、須崎高校)、窪川高校、四万十高校

・1月24日(水)四万十市立中央公民館
大方高校、幡多農業高校、中村中学・高校、中村高校西土佐分校、宿毛工業高校、宿毛高校、清水高校

「地域会」の運営について〔意見聴取が4市町村の場合〕(予定)
17:30 受付
18:00 開会 ・開会行事(5分)
・事務局から地域内の県立中学校・高等学校の状況について説明(15分)
18:20~ 地域からの意見聴取
(1)意見(15分)・質疑応答(10分)
18:45~ (2)意見(15分)・質疑応答(10分)
19:10~ (3)意見(15分)・質疑応答(10分)
19:35~ (4)意見(15分)・質疑応答(10分)
20:00~ 会場からの意見聴取(20分)
20:20 終了
  1. 2017/11/15(水) 19:21:54|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

11/11 未来をひらく教育のつどい

 11月11日、2017年度「未来をひらく教育のつどい」障害児教育学習会・後援会・課題別分科会が開催され、約40名の参加者がありました。
 午前中は高知市保健福祉センターにて障害児教育学習会が開催され、金沢大学の河合隆平さんを講師に「障害のある子どもを主体とした教育の創造を」と題した講演会が開催されました。
 午後からはちより街テラスにて、前半は鈴木大裕さん(教育研究者/NPO法人SOMA副代表理事)による講演「新学習指導要領と教育の市場化」が行われました。
 20171111教研鈴木さん
講師の鈴木大裕さん

 講師の鈴木さんがアメリカ留学や公立中学校での教職経験を経て、教育研究の道に進まれるまでの歩み、研究者としての現在の問題意識等を皮切りに、アメリカの教育改革の現状と結果、「ゼロトレランス」が教員の専門性を奪うことになってしまうこと等、多岐にわたる話題から、教育の市場化がもたらす影響について分かりやすくお話下さいました。また、都会から土佐町に移住しての暮らしぶりもユーモアを交えお話しされ、非常に楽しく、また充実した学習会となりました。
20171111教研講演
 後半は高校教育・障害児教育の分科会に分かれ、短い時間ではありましたが熱心な討議やレポート発表が行われました。 【“11/11 未来をひらく教育のつどい”の続きを読む】
  1. 2017/11/14(火) 10:34:20|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

10/29 第1回教育委員会協議会(後期実施計画について)

 10月29日、高知サンライズホテルにて、高知県立高等学校再編振興計画・後期実施計画についての第1回教育委員会協議会が開催され、高教組からも傍聴しました。
 11月から来年1月の間に県内5地域で意見聴取のための教育委員会協議会(「地域会」)が開催され、各地域からの意見も参考に、4月中旬には中間とりまとめ案が提示される予定となっています。今後の県立高校の在り方が決定されるための、きわめて重要な会となりますので、学校現場からも積極的な傍聴・意見表明をお願いします。

 各地地域での教育委員会協議会(地域会)についての詳細等は、下記の高知県教委ウェブサイトでご確認下さい。
 高知県教委 高等学校課のウェブサイトへ
 
後期実施計画(県教委資料より抜粋)
1 前期実施計画からの継続検討事項
○中芸高校、安芸高校、安芸桜ケ丘高校の3校の将来的な在り方を検討する必要がある。
・安芸高校:南海トラフ地震への対応のため、適地への移転を検討する。
○中村高校西土佐分校:2年連続して入学者が 20 人に満たない状況になった場合は、その翌年からの募集停止を検討する。
○宿毛高校:南海トラフ地震による津波への対応のため、適地への移転の可能性を含め、将来の学校の在り方を検討していく。
○清水高校:南海トラフ地震による津波への対応のため、高台への移転を検討する。

2 「県立高等学校再編振興計画」で定めた適正規模に関する検討事項
(1)本校
〔記載内容〕過疎化が著しく近隣に他の高等学校がない学校。不登校や中途退学を経験した生徒、発達障害のある生徒等に柔軟な対応をするための支援体制を整えた学校については、特例として1学年1学級(20 人)以上を最低規模として維持する。
〔現状課題〕中芸高校 :本年度下回る(H29 年度:11 人、H28 年度:26 人、H27 年度:23 人)
四万十高校:本年度下回る(H29 年度:13 人、H28 年度:20 人、H27 年度:20 人)
(2)分校
〔記載内容〕2年連続して入学者が 20 人に満たない状況になった場合、その翌年からの募集停止を検討する。※「入学者が 20 人に満たない状況が3年間で2度ある」から基準を緩和
〔現状課題〕吾北分校 :本年度下回る (平成 29 年度入学生 19 人〔H28:23 人、H27:23 人〕)
西土佐分校:2年連続下回る(平成 29 年度入学生9人、平成 28 年度入学生 11 人)
(3)併設型中高一貫教育校
〔記載内容〕東部、中央部、西部の3地域での配置を維持する。
〔現状課題〕県立安芸中学校の志願者が減少し、生徒確保が課題となっている。
※平成 29 年度:定員 60 人、志願者 36 人、入学者 35 人
(4)総合学科の学校
〔記載内容〕生徒数の減少等により複数の系列を置くことが困難な学校については、生徒数や地域の状況も踏まえつつ必要に応じて普通科への改編も検討する。
〔現状課題〕室戸高校の入学者が減少し、現在の4系列の維持が難しくなっている。
※平成 29 年度:定員 80 人、入学者 42 人
※現在の系列:文理総合系列、IT・アート系列、生活福祉系列、機械技術系列
(5)定時制(夜間部)
〔記載内容〕最低規模については、様々な学びを保障するため、「1学年1学級 10 人程度以上」から「学校全体の生徒数を 20 人以上」に緩和し学校の維持に努める。
〔現状課題〕室戸高校:3年連続下回る(H29 年度:17 人、H28 年度:11 人、H27 年度:11 人)
中芸高校:3年連続下回る(H29 年度:18 人、H28 年度:17 人、H27 年度:8人)
須崎高校:本年度下回る (H29 年度:17 人)
清水高校:2年下回る (H29 年度:19 人、H28 年度:21 人、H27 年度:19)
  1. 2017/11/08(水) 11:43:15|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

11/11 未来をひらく教育のつどい【2次案内】

と き:11月11日(土)13:30~16:55(受付13:00~)
ところ:ちより街テラス(高知市知寄町2丁目1-37)

○全体会講演:13:30~15:00
演題:「新学習指導要領と公教育の市場化」
講師:鈴木大裕さん(教育研究者・NPO SOMA副代表理事)
20171111教育のつどい2次案内表

20171111教育のつどい2次案内裏

○分科会:15:10~16:55
【「高校教育」分科会】
① 来年度から高校における「通級による指導」がはじまり、今年度は準備期間として位置づけられています。高知県での「通級」へ向けた取り組み状況や各校での特別な教育的ニーズをもった生徒の状況(進路状況を含む)や取り組み、課題や成果について意見交換を行います。
② 「教育大綱」に掲げられた「高校3年生の4月の学力定着把握検査におけるD3層の生徒の割合を15%以下に引き下げる」目標達成のための各校での取り組み、課題や成果について意見交換を行います。
【障害児教育~わたしたちの障害児教育実践」分科会】
 私たちは、子どもたちの成長につながるいい授業をしたい、いい実践 をしたいと考え、思い悩みながら日々、取り組んでいます。しかし、多 忙化の中、ゆっくり子どもたちの話をする時間も取れないのが現状です。 今回の教育のつどいでは、肢体不自由養護学校小学部、知的障害養護学校小学部のレポートが出されます。各校の現状や個々の悩みなども出し合いながら、お互いに実践を学び合いましょう。
分科会助言者:河合隆平さん(金沢大学准教授)
   全障研常任委員を務め、現在全国障害者問題研究会『みんなのねがい』に、「発達保障の道 ~歴史をつなぐ、
          社会をつくる~」を連載中。

  1. 2017/11/02(木) 12:21:37|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

10/31 平成30年度(平成29年度実施)高知県公立学校教員採用候補者第2回名簿登載者

 10月31日、平成30年度(平成29年度実施)高知県公立学校教員採用候補者第2回名簿登載者が発表されました。

 今回の発表では、小学校教諭21名、中学校教諭6名、小中養護教諭2名、小中栄養教諭1名の計30名が新たに登載されました。今回の発表では、県立学校の新たな登載はありません。また、今回の発表は採用審査要項に予定が明記されていませんでした。なお、場合によっては平成30年1月26日に第3回目の発表を行う予定であることも発表されています。
 
 詳細は下記の高知県教委ウェブサイトをご覧下さい。
 高知県教委のウェブサイトへ

 併せて現職教員等特別選考審査の名簿登載者も発表され、こちらは小学校教諭6名、小中学校教諭2名、の計8名が登載となりました。
  1. 2017/11/02(木) 11:45:00|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

11/23 秋の鍋登山

場 所:鷲尾山
と き:11月23日(木・祝)
集 合:9:00 高知城ホール/9:40 筆山公園第2駐車場
持ち物:水筒・雨具・おにぎり・嗜好品 等


20191123鍋登山blog
  1. 2017/11/01(水) 17:41:24|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

平成30年度採用高知県立学校実習助手及び高知県立特別支援学校寄宿舎指導員選考審査

 10月24日、高知県教委より平成30年度採用高知県立学校実習助手及び高知県立特別支援学校寄宿舎指導員選考審査の募集要項が発表されました。
 募集職種は、実習助手(農業)1名、実習助手(図書)1名、寄宿舎指導員1名です。

 詳細は下記の高知県教委ウェブサイトをご覧下さい。
 高知県教委のウェブサイトへ
  1. 2017/10/24(火) 13:05:40|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

10/15 教員採用シンポジウム

 10月15日(日)、教員採用シンポジウムが高知城ホールにて開催されました。
 
 シンポジウムは大崎博澄元県教育長、臨時教員経験をもつ中学校教員、高等学校教員をシンポジストに、高知大学教育学部の加藤誠之准教授をコーディネーターにすすめられました。シンポジウムでは拡大する特別選考に対して「一芸入試で高知県の教育は良くならない」「勝利至上主義による部活のブラック化に拍車をかける」等の否定的意見が出されました。また、シンポジストの教員からは教員採用審査を何度も受審した経験から採用制度の問題点・改善点の指摘も出されました。
 大崎氏は教育長時代、教員採用の実務や採用審査の面接官の経験を踏まえ、「教育長時代、良い先生を採用する制度にするために悪戦苦闘したが、上手くいかなかった。県教委内の教育観がばらばらだった」「県教委が、高知県の教育やこんな子どもに育てたいという、一貫した教育哲学を持つべきではないか」等と述べました。

  
採用シンポ1
  1. 2017/10/20(金) 12:15:14|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

11/11 障害児学校部学習会

テーマ「障害のある子どもを主体とした教育の創造を」

日時:11月11日(土)10:00~12:00(9:30~受付)
場所:高知市保健福祉センター 1F会議室(高知市塩田町18-10)
講師:河合隆平さん(金沢大学教授)
20171111障害児教研
  1. 2017/10/20(金) 09:41:04|
  2. 未分類
  3. | コメント:0
次のページ

FC2Ad