高知高教組日誌

高知県高等学校教職員組合の活動や教育に関わる情報を発信していきます。

平成29年度高等学校教員採用候補者特別選考審査結果

  県教委は、1日午前9時、高等学校教員採用候補者特別選考審査名簿登載者を発表しました。

特別選考審査Ⅰ 採用予定数 Ⅱを含め5名程度
  応募者数 20名 受審者20名 名簿登載者数 2名

特別選考審査Ⅱ 
 応募者数  1名 受審者  1名 名簿登載者数 1名

特別選考審査Ⅲ 採用予定数 2名程度
 応募者数  3名 受審者  2名 名簿登載者数 2名
  1. 2017/03/01(水) 11:37:22|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

「高知ユニオン」ビラ配布行動

 2月27日夕方、高知県労連は、朝倉病院前で、朝倉病院に組合「高知ユニオン」が結成されたこと、そして不当解雇撤回の闘いを行っていること、県労連には医療関係に働く仲間がいることを宣伝するビラ配布を行い、高教組からも参加し、教え子にも会いました。
IMG_4874.jpg
配布したビラ
1488241342.jpg
1488241394.jpg
  1. 2017/02/28(火) 13:52:16|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

県労連青年部「桜塾」のお知らせ

3月2日 学習会「共謀罪の怖さを1から知る」のお知らせ

高教組青年部 「若者会」のお知らせ

公立学校共済組合高知支部運営審議会

 2月22日、平成28年度第2回公立学校共済組合高知支部運営審議会が開催されました。
 2016年度の変更予算、2017年度の事業計画並びに予算が協議され決定されました。
 人間ドックは16年度と同規模で実施されます。
 年金の資金運用において損失が生じたことに対して、高教組は、堅実な資産運用をするよう、共済本部へ意見を上げるよう発言しました。
  1. 2017/02/24(金) 13:11:18|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

太平洋核被災支援センター 「ビキニ核被災ノート」を出版

『ビキニ核被災ノート』は、1954年マーシャル諸島ビキニ環礁でのアメリカの水爆実験で被ばくした高知の元マグロ漁船員と遺族32名の証言集です。

「キノコ雲を見た。こんなに大きかった」「雪と思うて集めて食べた」と具体的に語っています。そして家族は「なんであの時、知らせてくれなかったのか」と政府に対して怒り、無念を語ります。『ビキニ核被災ノート』は、日本政府が故意に60年間も隠ぺいしたビキニ核被災事件の体験を語る真実の証言集です。また、証言のほか、新しく発見された資料に基づいて、60年間日本政府が故意に隠ぺいした背景に迫り、日本の民主主義と人権の問題として提起しています。「ビキニ事件」隠ぺいの目的、そしてその目的を達するために日米のどのような人物が動いたのかを明らかにしています。
img022.jpg
 高知県内の主な書店での販売は、3月11日頃からになります。

  1. 2017/02/24(金) 11:51:38|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

全教第34回定期大会

2月17,18日、東京で全教第34回定期大会が開かれ、高知高教組から2名が参加しました。
  憲法改悪を許さない運動、改悪教育基本法を具体化する次期学習指導要領の抜本的見直しの取り組み、長時間過密労働の解消の取り組み、組織建設3カ年計画の最終年にむけての取り組みなどの方針を決めました。また、役員改選では新執行委員長に中村尚史さんを選出しました。
  高知高教組は、給特条例を遵守させる取り組み、県教組の代議員とペアーで「ゆいまーる」の取り組みについて発言しました。青年教職員の元気な発言も多くあり、大会全体が全教運動をつなぐ壮大なバトンリレーの場となりました。
20170219_133959.jpg
特別決議
アピール
  1. 2017/02/24(金) 11:01:27|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

3月7日「労働相談ホットライン」のお知らせ

県教委 特別選考の応募状況を発表

 県教委は、高等学校教員採用候補者特別選考の応募状況を発表しました。
 
 特別選考審査Ⅰ 20名
 
 特別選考審査Ⅱ  1名
 
 特別選考審査Ⅲ  3名
  1. 2017/02/23(木) 15:43:23|
  2. 未分類
  3. | コメント:0
次のページ